Webアナリスト/リスト獲得の専門家 川口美代のブログ

コンバージョン14倍も夢じゃない!反応が取れるLPを作る3つのポイント

 







この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
Webアナリスト/リスト獲得の専門家/デジタルマーケッター/女性の働き方改革推進家
  行動してから考える"とりあえず行動派"。チャレンジ精神高め。困難に挑戦するのが好き。チャンスは逃さない。姉御肌な説教キャラ。モットーは「冷静に熱く」どんな時も情熱を持って仕事してます!
スキルのある女性が多様な働き方でチャンスを掴めるようオンラインワーク推進情報も発信します。
詳しいプロフィールはこちら

Webアナリストのmiyoです。

メルマガやLINE読者さんを獲得するためにはランディングページ(LP)が必要ですよね?

実は、LPによって集客力に驚くほど大きな差がでます!

この記事では、反応が取れるLPを作る際に押さえておきたい3つのポイントについてお伝えしたいと思います。

実際に、私のクライアントさんもこれからお伝えする3つのポイントを押さえることで、コンバージョンが最大14.5倍アップしました。

  • LP作ったけどメルマガやLINEのリスト集まらないな…
  • LPの作り方ってイマイチよく分からない…

そんな時の参考にしてもらえると幸いです。

反応が取れるLPってどんなLP?

ここでお伝えする反応が取れるLPとは、メルマガやLINEに登録されるLPのことです。

LPは基本的に、商品やサービスの魅力を余すことなく伝えるための役割を持っています。

有料で提供するサービス(フロントエンドやバックエンド商品)もLPを作ったりするのですが、Web集客の基本の流れに沿って集客しようと思うとメルマガやLINEの登録者を獲得するためのLPがもっとも重要であり一番力を入れたい部分です。

メルマガやLINE読者さんを獲得する重要性については、『Webで集客したいなら何よりも先に絶対理解したいリスト集めの大切さ』でお伝えしていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

メルマガやLINEの登録者を獲得できる反応が取れるLPを作るためには、3つのポイントに注意しながら作成することが大切です。

反応が取れるLPを作る3つのポイントとは?

これからお伝えする3つのポイントは、メルマガやLINEの読者さんを獲得する目的で作るLP以外にも使えます!

ポイント1. しっかり固まったペルソナ設定
ポイント2. ブレのない軸のあるコンセプト設定
ポイント3. 魅力的なオファー

 

「アレ? よく聞く言葉・・・」 と思われましたか? 

実際、「ペルソナ・コンセプト設定・オファー」の3つは、マーケティングをする上で欠かせない要素であり、基礎中の基礎です。

特にペルソナとコンセプトに関しては、Webだけに限らず、どんな大企業でも必ずと言っていいほど設定します。

ペルソナやコンセプトを設定していない商品やサービスが売れることは…

まあ、ほとんど「ない」と言えますね…

基礎中の基礎だからこそ、LPを作るときにも超重要なポイントになります!

ポイント1. ペルソナ設定は超重要!これができていないと次に進めない!

ペルソナ設定って、本当に大切な要素です。

ペルソナ=商品やサービスを買ってほしいターゲットのことです。

例えば、星の数ほどあるシャンプーを例に考えてみましょう。

シャンプーって次から次に色々な種類が発売されますよね。

効果効能はもちろん香りも様々です。

超レッドオーシャンで競合ばかりが揃うシャンプーの世界に、ペルソナも設定せず戦略なしに飛び込んで行ったら・・・

 

言わずとも結果は目に見えていますね。 

誰もために作ったシャンプーなのか分からないシャンプーを手に取る消費者はいませんよね。

  • 剛毛で悩んでいる人のため
  • 柔らかいクセ毛で髪にボリュームがない人のため
  • カラーやパーマで痛んだ髪を修復したい人のため

など、誰のためのシャンプーなのかが分からないと購入に繋がりません。

この、「誰」がペルソナです。

シャンプーの例のように、ペルソナが決まっていなかったり曖昧な設定だったりする場合は、誰の心に響くこともなく姿を消すことになり兼ねません!

そうならないためにも、しっかりとペルソナを設定してくださいね!

ペルソナを設定するときは最低でも次の11項目は決めよう!

ペルソナを決める時は、最低でも次にあげる11項目を設定するといいですよ。

  1. 名前
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 職業
  5. 年収
  6. 性格
  7. お金に関する価値観
  8. 時間に関する価値観
  9. 買い物をするときの決め手
  10. 今一番手に入れたい未来(物でも事でも)
  11. 手に入れたい未来を邪魔しているもの
 

ペルソナを設定する時は、あまりにも自分に都合の良すぎる設定にしないよう注意してくださいね!そんなに都合が良すぎるお客さんって…正直いませんよね…ゼロではないと思うけど…

ポイント2. 軸がブレないコンセプトは反応率アップに欠かせません!

ペルソナが決まったら次はコンセプトを設定します。

LPの反応率をあげるためには、ブレない軸が定まったコンセプトを作ることが大切です。

またまた、シャンプーを例にしますね。

先ほど、「誰のための」シャンプーなのか明確にすることが大切ですよ!とお伝えしました。

「誰のための」シャンプーなのかというペルソナが決まったら、次は

  • 誰のどんな悩みを
  • どんな風に解決してくれて(ノウハウ)
  • 最終的にどんな髪にしてくれる(ベネフィット=未来)

シャンプーなのかを決めます。

例えばこんな感じです。

・誰のどんな悩みを
  → 硬い剛毛でずっとゴワついている

・どんな風に解決してくれて
  → 研究を重ねた独自配合の○○と○○成分が髪の奥までナノレベルで浸透

・最終的にどんな髪にしてくれる
  → 翌朝もボリュームダウンした驚くほど滑らかな手触りが手に入る

 

どうでしょ? シャンプーの紹介LPで使われてそうじゃないですか?

こんな感じで、コンセプトは決めていきます!

「誰のどんな悩み」を解決するのかが明確でないと決められないので、1つ目のポイント、ペルソナ設定が重要になるんですよね。

あとは、あなたが提供できるノウハウとペルソナが最終的に手に入れることができる未来(ベネフィット)を盛り込めば、ブレない軸がしっかり定まったコンセプトができます。

miyoのワンポイントアドバイス

コンセプトを作るときって、ノウハウはもちろん大切なんだけど、それよりも大切なのはベネフィットです!

『その商品を手にすることで、どんな未来が待っているのか?』

ここをしっかり魅せて伝えるコンセプトを作りましょう!

ポイント3. 魅力的なオファー作りの中で最も力を入れたいのはタイトルや表紙作りです!

ペルソナとコンセプトが決まったら、いよいよ最終段階、魅力的なオファーを作ります。

魅力的なオファーは、もちろん内容の濃さも必要ですが、もっとも力を入れたいのはタイトルと表紙(それに準ずる画像)です。

どういうことかというと、

ユーザーさんは、オファーの内容をメルマガやLINEに登録するまで見ることはできません。

しかし、タイトルや表紙(画像)は、内容を見る前に目にします

タイトルやそれを紹介する表紙や画像がつまらない場合、残念ながらメルマガやLINEに登録したいと思いませんよね。

私のクライアントさんも、オファーのタイトルや画像など魅せ方を変えただけで登録率が最大14倍ほど上がっています。それほどタイトルや表紙は大切です。

極端な例になりますが、シャンプーの宣伝に使われるLPに、パサついた髪のモデルを使ってもそのシャンプーを欲しいとは思いませんよね!

オファーの内容はもちろん精査すべきですが、特にタイトルや表紙・画像にはより一層力を入れてくださいね。

とはいえ、最終的にどんなタイトルや表紙がペルソナに響くかはテストしてみないと答えは出ません。LPが出来上がったらABテストを取り入れながらより魅力的なものに進化させていきましょう!

ABテストのやり方については以下の記事で紹介しています。
→「ブログ集客もうムリかも…と諦めるかけてるあなた!ABテストやりましたか?
参考にしていただければ幸いです。

魅力的なオファーって何を作ればいいの?オファーの種類をご紹介

メルマガやLINE登録者を獲得するためのオファーはいくつか種類があるのでご紹介します。

  • Ebook(電子書籍の簡易版)
  • 動画講座
  • メルマガ講座
  • ワークシート
  • チェックリスト
  • 診断ツール
  • テンプレート

上記がオファーでよく使われています。

これからオファーを作るとき、変更を考えているときなど参考にしていただければ幸いです。

オファーの作成は必ずペルソナとコンセプトが決まってから!

たまに、ペルソナやコンセプトが定まっていない状態でオファーを作る方をお見かけするのですが…

「ちょっとまって〜!!!」

と声をかけずにはいられません!

どういうことかというと、ペルソナとコンセプトがしっかり決まっていない状態でオファーを作ったとしても、

  • 誰の
  • どんな悩みを解決して
  • どんな未来を提供できるのか

という、大切な部分がブレてしまうんです。

ペルソナ・コンセプト・オファー、この3つは一直線で繋がっているのが望ましい状態です。

イラストにすると↓のイメージです。

 

 

どれか1つが少しでもズレたりブレたりすると反応が取れるLPを作ることができません。

なので、まずはペルソナ、次にコンセプト、最後に魅力的なオファーの順に設定・作成を進めてくださいね!

まとめ

今回は、反応が取れるLPを作る際に押さえておきたい3つのポイントについてお伝えしました。

押さえておきたい3つのポイント

ポイント1. しっかり固まったペルソナ設定
ポイント2. ブレのない軸のあるコンセプト設定
ポイント3. 魅力的なオファー

メルマガやLINEへ登録してもらう目的でLPを作成する場合は、まずは上記3つのポイントをしっかりと押さえてからLPを作り始めてください。

 

正直、この3つがしっかりできていればLPを作ること自体がラクになりますし、何よりも反応の取れる動きのあるLPが作れます。ぜひ、メルマガ・LINEリスト獲得のためのLP作りの参考にしていただけると幸いです!

 

マネするだけで確実に記事の書き方がうまくなる
記事構成テンプレート無料プレゼントします!




自分のサイトに載せている記事や寄稿記事で、多数検索上位に入れてきた記事構成が学べます。

ぜひあなたのブログ運営にお役立てください!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
Webアナリスト/リスト獲得の専門家/デジタルマーケッター/女性の働き方改革推進家
  行動してから考える"とりあえず行動派"。チャレンジ精神高め。困難に挑戦するのが好き。チャンスは逃さない。姉御肌な説教キャラ。モットーは「冷静に熱く」どんな時も情熱を持って仕事してます!
スキルのある女性が多様な働き方でチャンスを掴めるようオンラインワーク推進情報も発信します。
詳しいプロフィールはこちら

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Webアナリスト川口美代のブログ , 2019 All Rights Reserved.